スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日曜ランチ

20070930

s11-DSCF5772.jpg

s11-DSCF5773.jpg

最近は、日曜のお昼は外でランチすることが多い。

日曜日のちょっと早い時間に入店するのがポイント。

結構すいてるのでチビがいてもゆったりご飯が食べられる。

外のテラス席で(昼間っから)お酒を飲みながら家族と食事。

それだけで、とても幸せ&贅沢な気がする。
スポンサーサイト

読んだ本-6月~9月

20070928

6月~9月の間は忙しくてブログの更新ができなかったので、
その間に読んだ本を手抜きして以下まとめ。

<Legend>
◎面白かった
○まあまあ
△う~ん

「フェルマーの最終定理」(サイモン・シン著) ◎

「博士の愛した数式」)(小川洋子著) ○ 

「真夜中のマーチ」(奥田英朗著) ◎

「アフターダーク」(村上春樹著) △

「哀愁的東京」(重松清著) ○

「百年の恋」(篠田節子著) ◎

「行きずりの街」(志水辰夫著)◎

「神々のプロムナード」(鈴木光司) ○

「天空の蜂」(東野圭吾著) ○

「最後の言葉」(重松清、渡辺考著) ◎

「テロリストのパラソル」(藤原伊織著) ◎

「秘密」(東野圭吾著) ◎

「宿命」(東野圭吾著) ◎

「私が彼を殺した」(東野圭吾著)○

「エイジ」(重松清著) ◎

「父のことば」(宮本輝 選) ◎

「父の目方」(宮本輝 選) ◎

計17冊  

マウイ旅行-グルメ編2

20070927

マウイ旅行での食事その2。


s11-DSCF5375.jpg
BBQ三種盛り(牛、チキン、魚)。
量が多かったので妻とシェア。おいしかった。

s11-DSCF5614.jpg
フラダンスを見ながらのハワイ料理(ルアウって言ってたっけな?)。

s11-DSCF5571.jpg

日系の方が経営している大衆食堂で食べたランチ。
ここの売りは、焼きそばのような味付炒め麺。
一緒に出てくるスープにつけながら食べる。
うまかった!
スープが入っている方はサイミン。こっちもGood。

マウイ旅行-グルメ編

20070926

s11-DSCF5341.jpg
旅行中の食事。

コンドミニアムに宿泊していたので自炊も楽。

2日目の夜は、カレーを作った。

これは妻に代わってTonyが作ったもの。

マウイオニオンをたっぷり使って、マッシュルームとぶつ切りの豚肉で煮込んでつくった。

慣れていないので時間はかかったけど、自分で作った食事はやっぱりうまい!!

下の写真は、パイナップルのシャンパン。
s11-DSCF5386.jpg

夕日

20070925

s11-DSCF5541.jpg

s11-DSCF5505.jpg

s11-DSCF5536.jpg

今回の旅で出会った夕日たち。

きれいだったな~

また近いうちにMauiに戻りたい。

海、海、海

20070922

s11-DSCF5369.jpg

s11-DSCF5347.jpg

s11-DSCF5381.jpg

本日、無事バケーションから帰ってきた。

いや~、楽しかった…。

特に、海に囲まれる生活は本当にいいね。

日々の細かいことを忘れさせてしまうパワーが海にはある。

「もっと、大きな視野で行こうぜ」と言われている気がする。

多忙を言い訳にぶれかけていた自分の未来の事も考えることができた。

さあ、また走り出すか!

バケーション

20070916

少し時期がはずれだけど明日から夏休みをとる予定。

妻とも色々相談した結果、結局行き先はハワイに決定。

海の目の前のコンドミニアム。

チビを海にデビューさせよう。

自分もシュノーケリングで泳ぐ。

そして海辺で本を読む。

夕方はサンセットを眺めながら夕食。

いまから楽しみだね。

よ~し、1週間英気を養ってこよう!

走り抜けた3ヶ月

20070914

いや~長い間、このブログを放置してしまったな。

最後にブログを更新したのが6月16日。

丁度、バケーションでグランドサークルから帰ってきた時だ。

あれから3ヶ月。

何をやっていたかというと、ひ・た・す・ら仕事(悲しい…)

さて、時計の針を戻すこと3ヶ月。

グランドサークルからの休暇明けの初日、転機は突然やってきた。

それは1通のメールから始まった。

我々の装置が急遽、テキサス州のお客様に導入されることが決まったのだ。

このお客様は、K国に本社を置く会社。 世界のトップを突っ走る「超」優良企業。

そして、このお客様の要求は「超」厳しいことで有名。

さらに今回は、しかも納入までに残された時間が異様に短かった。

通常は遅くとも半年以上前から条件交渉をしていくが、今回は納入まで残された時間はたったの1ヶ月…。

呆然とするなか…上司からの一言、
「良かったな、今が伸びるチャンスだから頑張れ!」
(それはそうだけど…)


そこから、3ヶ月間 肉体的/精神的にぼろぼろになりながらよく走ったと思う。

沈んでいるときに先輩に言われた一言も忘れられない、
「暗い顔すんなよ。どうせなら、楽しくやろうぜ」
(そのとーり)


そして、無事 装置を納め、一段落した時にお客様から言われた一言、
「皆さんのサポートに99%満足している」
(100%じゃないのがまたリアルでいいね)

この一言はきいたな。 正直じーんときた。

仕事をしていて感動することはなんてなかなか無い。

でも感動する瞬間があるからこそ人は走ることができる。

3ヶ月間の苦労が一気に吹っ飛んだ気がした。

この3ヶ月で痛感したことを忘れないようにまとめておこう。
■自分の弱い部分を再確認(自身の実力を過信しない)
■修羅場をくぐると人は成長する
■かけた時間は必ず報われる

また、この3ヶ月で周囲で色々なことがあった。
■相棒のアメリカ人が転職 (がーん)
■息子が順調に成長 (よかった)
■K夫妻、M夫妻が帰国 (寂しい…)
*特にKさんは帰国前にわざわざ我が家に立ち寄って下さったみたい。
(Tonyは出張中でご挨拶できず。ごめんなさい。日本でのご活躍を期待していますね~)

そして、この3ヶ月間 Tonyを陰ながら支えてくれた家族にも感謝!
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。