スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The Office - Season 1

20071017

20071017131436.jpg


「The Office - Season One」

Netflixで最近、見始めたDVD。

2005年にTV放映されたコメディドラマ。

日常、起こりうるオフィスの出来事をコミカルに描いている。

職場のリストラ、経費節減、異人種間コミュニケーションなど。

登場するキャラもかなり個性的。

浮いてる上司、オタク系従業員 等々。

話はかなり誇張され気味だが、アメリカで働く人であればどれも身近なトピックばかり。

結構、笑える。

英語の勉強にもなるね。

おすすめ。
スポンサーサイト

「未来を拓く君たちへ」 田坂広志

20071016

20071016133555.jpg

『未来を拓く君たちへ』(田坂広志 著)

未来を背負う若者に向けられたメッセージ。

「大志を抱いて生きると」とはどういうことか。

筆者の語り口はいたって冷静。

それでいて人生に対する真摯で熱い想いがひしひしと伝わってくる。

「もっと大きく生きようぜ」という闘志が湧き上がってくる。

チビが大きくなったら是非、読ませたい一冊。

同時に子供に期待するだけでなく、自分がまずは「志を抱いて生きる姿」を体現できるようになりたいと思う。

読んだよかった。

Pumpkin Patch

20071014

s11-DSCF6006.jpg

ハロウィンの季節が今年もやってきた。

この時期になると町の所々でかぼちゃが売り出される。

今日は家から南に少しドライブしたところの農場でかぼちゃ祭りをやっていると聞き、行ってきた。

暑かったので少しばてちゃったけど、久しぶりに「祭り系」のイベントは楽しかった!

会場で食べたBBQサンドイッチ
s11-DSCF5977.jpg

「サウスバウンド」 奥田英朗

20071006

20071016142624.jpg

20071016142633.jpg


『サウスバウンド』(奥田英朗 著)

<Amazon.co.jpより>
「小学校六年生になった長男の僕の名前は二郎。父の名前は一郎。誰が聞いても「変わってる」と言う。父が会社員だったことはない。物心ついたときからたいてい家にいる。父親とはそういうものだと思っていたら、小学生になって級友ができ、ほかの家はそうではないらしいことを知った。父はどうやら国が嫌いらしい。むかし、過激派とかいうのをやっていて、税金なんか払わない、無理して学校に行く必要などないとかよく言っている。家族でどこかの南の島に移住する計画を立てているようなのだが…。型破りな父に翻弄される家族を、少年の視点から描いた、長編大傑作」

元過激派の両親を持つ主人公の少年。

彼とその家族の破天荒な生活を描いた小説。

舞台は途中で東京から西表島に移る。

東京で浮いていたお父さんの生き方が西表島ではより自然な姿に映る。

目茶苦茶な父親でも最後には家族のハートをがっちりつかむのは良いね。

コミカル調にかかれているので読んでいて面白い。

ちなみに奥田英朗の『邪魔』、『最悪』も面白かった。
(作風はサウスバウンドとは逆に暗い感じだけど)
20071016142906.jpg

20071016142917.jpg

20071016142927.jpg

プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。