スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドラガン・ストイコビッチ

20070513

piksi.jpg

Tonyは昔、サッカーに明け暮れた時代があった。

特に1990年のイタリアワールドカップはTonyにとって忘れられない大会だ。

当時、中学生だったTonyの憧れの選手はオランダの3人組だった(マルコ・ファンバステン、ルート・フリット、フランク・ライカールト)。

それが、この大会を機に一人の選手に釘付けになった。

その選手とは、ドラガン・ストイコビッチ。

そう、後年 名古屋グランパスで活躍したあの選手だ。

今でも忘れられないのが、イタリアW杯の決勝トーナメントのスペイン戦、アルゼンチン戦。

特にスペイン戦の彼の活躍は圧巻だった。

サッカーをやっている人であれば分かると思うけど、彼のプレーはエレガントで美しい。

柔らかいボールタッチ、創造的なパス、そして敵陣を切り裂くドリブル…

世界には数々のスター選手がいるがTonyにとってのアイドルは今だにストイコビッチなのだ。

さて、長々書いちゃったけどスポーツ全般に思うこと。

それは、スポーツをするならストイコビッチの様に美しくありたい。

今で言うとゴルフ。

はっきり言ってTonyのスイングは美しくない(と思う)。

クラブの芯を食っていないので音もイマイチ…。

でも、練習場なんかで周りを見渡すと非常に美しいスイングをしていている人がいる。

当然、ボールの飛び方も違う…。

どうせゴルフをやるなら、見た目は格好悪いけどスコアだけはしっかりまとめてくる「オヤジ・ゴルフ」は目指したくないな。

できれば美しく、そしてそれがスコアにつながるゴルフを目指したいな~。

道のりは遠そうだけど頑張るぞ!
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。