スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読んだ本 (小説以外)-08年1月~9月

20081005

今年1~9月)までに読んだ本を(小説以外)を以下まとめ。

<Legend>
◎面白かった
○まあまあ
△う~ん

【投資信託関係】
「お金は銀行に預けるな 金融リテラシーの基本と実践」(勝間和代著) ◎
⇒投資に関するざっくりとしたアイディアを掴むのに良い。詳細は、別の書物で勉強が必要そう。

「投資信託にだまされるな!」(竹川美奈子著) ◎
⇒上記と同じく投資信託の「入りとして分かりやすくまとめられている。
題名は過激だが投資信託を全否定している訳ではなく、選ぶべき投資信託はどれかを書いている。

「投資信託選びでいちばん知りたいこと」(朝倉智也著) ◎
⇒人生の節目毎(ライフイベント)に必要となるお金を見極め、そこから逆算してリスクのとり方を決めていく。また、投資信託選びに関してかなり詳しい解説がある。個人的には、一番実践に近い本かと思う。

「臆病者のための株入門」(橘玲著) ◎
⇒上記投資信託関連の本を読んだ機に、この本を再読した。よく書かれていると思う。

「黄金の扉を開ける 賢者の海外投資術」(橘玲著) ○
⇒まだ、内容がしっくりくるレベルに自分がなっていないので。

【その他】
「道は開ける」(デール・カーネギー著) ◎
⇒今年の前半、仕事で苦しい時期が重なり、かなり悩んだ。その時、この本に何度助けられたことか?読むべきタイミングにこの本を読むと、ぐっと心に残り、そして支えてくれる。なんども読み返した。本当に感謝している。

「国家の罠 外務省のラスプーチンと呼ばれて」(佐藤優著) ◎
国策捜査の過程を緻密に記録したノンフィクション。行き詰る検察との攻防が面白い。

「帝国ホテル厨房物語」(村上信夫著) ○

「ユダヤ人 大富豪の教えⅡ」(本田健著) ○

「強運になる4つの方程式-もうダメだ、をいかに乗り切るか」(渡邉美樹著) ○

「見えざる手が経済を動かす」(池上彰著) ○

「親が反対しても子供はやる」(大前研一著) ○

合計12冊
強調文
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。