スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

09年12月に読んだ本

20091229

09年12月に読んだ本は下記の通り。

MBA受験も一段落したところで、今月は少し
「お勉強系以外」の本も読めたかな。

『終末のフール』(伊坂幸太郎 著)
★★★
人生の最期を迎える時に、人は何を考え・動くのか。
「自分だったら・・・」と考えさせられる本だった。

『夜想』(貫井徳郎 著)
★★★★

デビュー作である『慟哭』と一部テーマがかぶる部分もあるが
読後に受ける印象は大きくことなる。『慟哭』の最後は衝撃的。
『夜想』は、最後は悲しくも少し救われる。

『ガール』(奥田英朗 著)
★★★

『現場力を鍛える-強い現場をつくる7つの条件』(遠藤功 著)
★★★★
WBS MOTコースの人気教授。

「戦略とは所詮「仮説」にすぎない。戦略を具体的な戦術に落とし込み、
実行していく過程で検証、軌道修正しながら、粘り強く結果を出していくことが
経営そのものである」(Page より)

「戦略を実現する当事者である現場の持つ力、すなわち「現場力」こそが
最大の競争力の源泉であることに尽きる」(Page より)

ビジネススクールの説明会でも話をうかがったが
WBS進学後に、是非 受けたい授業の一つである。
41PH2RHWDZL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。