スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年1月に読んだ本

20100129

今月は、MBAの受験も一段落ついたということもあり
久しぶりに本を読む時間を取れたかと思う。

今月は、お勉強系の本は控えめにして、娯楽系というか小説を中心に読んだ。

①『戦略の本質 戦史に学ぶ逆転のリーダーシップ』(野中郁次郎他 著)
51dkYsO5QaL__SL500_AA240_.jpg

★★★★

今年から通うMBAでは専攻が戦略系モジュールということで、関係しそう著作を
読み始めることに。その第一弾がこれ。
途中、読み込むのに苦労する部分もあったけどなんとか読み終えた。
理解を深めるなら何度か読まないと。
ただし、最後のまとめのパート含め非常に考えさせられるというか
勉強になった。


②『オール1の落ちこぼれ、教師になる』(宮本延春 著)
41G3Z659C7L__SL500_AA240_.jpg


★★★★

先生は「オール1」の落ちこぼれだった!!
中卒、落第で漢字は自分の名前しか書けなかった「オール1」の著者が
ある出会いから運命が変り独学で猛勉強しその後、生徒に慕われる教師
になるまでの涙の人間ドキュメント。
(amazon.co.jpより)

それぞれ生まれ持った才能は異なる。
だけど、それを生かすかどうかは本人の次第。
それを強く感じさせられた。

③『ストロベリーナイト』(誉田哲也 著)
51MT78IL2B6L__SL500_AA240_.jpg


★★★★

警察物はあまり読まないけど、登場人物のキャラが立っていて
ぐいぐい引き込まれる。ストーリー展開も良好。
おすすめ!

④『ソウルケイジ』(誉田哲也 著)
41URatcZ5xL__SL500_AA240_.jpg

★★★

ストロベリーナイトに続く第二弾。
前作の方が面白かったかな?
でも、これも面白かった。

⑤『察知力』(中村俊輔 著)
31jZ95vUR4L__SL500_AA240_.jpg

★★★

中学時代の挫折を乗り越え彼なりに成功を勝ち取るためのスタイルを築いている。
物静かなところはあるが、本質を見極めて着実に前進しようとする強い意志を
感じる一冊だった。スポーツ選手から学ぶことは多い。

⑥『日本人が知らない幸福』(武永賢 著)
★★★

わたしはボートピープルだった―。サイゴンに生まれ、七回の亡命失敗の後に
合法難民として日本に移住。その後、言葉の壁や経済的苦境を乗り越えて医師
となった著者の目に、日本はどう映っているのか。蛇口をひねれば水が出てくる、
親子が一緒に暮らせる、健康保険が存在している…日本には私たちが気づいていない
数多くの幸福がある。波乱に満ちた人生を送ってきた著者が日本を見つめる、優しく
そして鋭い眼差し。
(amazon.co.jpより)

⑦『噂』(荻原浩 著)
★★★

話の設定自体は面白かったが。
全体的にはまあまあかな?

⑧『讃歌』(篠田節子 著)
★★★

可もなく不可もなくといった感じかな。
あまり印象に残らず。

⑨『オーデュボンの祈り』(伊坂幸太郎 著)
5181BF5ZJ1L__SL500_AA240_.jpg

★★★★

なんとも不思議な物語だったけど、
読後感は悪くない。というよりもなぜか心が温まる。
この作者の特徴なのかもしれない。

⑩『弥勒の掌』(我孫子武丸 著)


う~ん、衝撃のラストと言っている割には…。
ちょっと厳しいかもしれないけど★1つ。

合計10冊
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。