スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBA受験準備: 論理的思考

20100112

Tonyは、昨年グロービスのクリティカルシンキングという講座を受けた。

元々は、MBAの受験準備の一環として「経営戦略・マーケティング講座」の
受講を考えていたけど、グロービスの説明会に参加した結果、グロービス
の名物講義である「クリティカルシンキング」を受けることにした。

MBA受験のテクニックを学ぶことを目的とするならば、
あまり直接的なつながりはないかもしれないけど、
よりFundamentalな基礎固めができたというか、
ビジネスマンとしての骨太な学びができたと確信している。

グロービスのクリティカルシンキングでは主に以下の能力に磨きを
かけるプログラムとなっている。

①問題解決能力
   ⇒問題を解決する為のアプローチ方法

②コミュニケーション能力
   ⇒自分の考えを効果的に相手に伝える方法


これらを、具体的なケースを交えながら学んでいく。

このように書いてしまうと非常にありふれた内容に聞こえてしまうが
実に奥が深い…。

やり方としては事前課題(宿題)が与えられ、その回答をもって
授業に臨むことになる。

クラスによってばらつきがあるようだけど、受講生が積極的に
発言をしながら授業が進められていく。緊張感もある。

授業は隔週で行われ、授業が行われない週は、受講生と勉強会を開催(有志)し理解を深める。

予習⇒講義⇒復習の一連のループを通して、脳に汗をかくぐらいに
考え抜くことを要求される。その過程で、「自分の思考の癖」に
気付かされる。

Tonyは、一つのクラスしか知らないけど、講師陣は押し並べて
レベルは高いと聞く。また、受講生同士の交流も活発で刺激を受ける。
(講師・受講生とは、今でも定期的に飲み会を開催している)

クリティカル・シンキングやロジカルシンキングに関する本は
巷にあふれているけど体の奥深くまでしみこませるためには、
やはりグロービスのような授業に実際参加して
双方向のInteractionが必要だと思った。

その意味では、昨年クリティカルシンキングの授業を受けれたのは
自分自身にとって非常にプラスになったと思う。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。