スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

MBA進学準備: 会社への報告

20100123

夜間のMBAに通う際に悩ましいのは仕事との両立。

私費で進学するとはいえ、やはり職場の上司・同僚から
できる限り理解を得れるのが理想だと思う。

MBAのOBの声を伺っても「職場の協力」が重要という方が
多かったので恐らくこの点はキーかと。

とはいえ現実問題、上司にどのタイミングでどのように伝えるかは結構悩んだ。

Tonyの場合は2次試験前に、上長に相談という形で時間をとってもらい
MBAを受験している旨を伝えた。

相手は最も信頼している上司。
といっても直属の上長ではなく、階層上は3つ上の上司。
Tonyのよき理解者でざっくばらんに相談にのってもらえた。
ほっ、よかった・・・。

その後、徐々に他の上司にも報告をしている状況。

とはいえ、「1年目は平日の3~4日は通学することになりそう」と
伝えると大抵の方はびっくりする。

「えっ、そんなに!」という意味で。

「本当に仕事と両立できるの?」

「残業せざるを得ない場合はどうするのか?」

ざっとこんな疑問が上司の頭に浮かぶはず。

MBAに進学することで、自分自身が大きく成長し、
会社に貢献できる人材になることをアピールする
ことも大事だけど、すぐそこにある相手の心配を
できる限り取り除けるように心がけることも重要だと感じた。
スポンサーサイト

trackback

就活支援※米国MBAトップ卒業コンサルタントが内定術をバックアップ【トップMBA式 就職内定術】 :情報商材ガイド

JUGEMテーマ:就職活動  1日10分...○○するだけで...   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  自分が本当にやりたい仕事に気づき、   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄  志望企業から内定をもらう方法!!   ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ?...

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。