スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010年2月に読んだ本

20100225

2月に読んだ本。
MBAに進学すると、当面はお勉強系の読書が多くなりそうなので
今月は娯楽系を中心に読んだ。

①「果断(隠匿捜査2)」(今野敏 著)
★★★★

登場人物のキャラがたっていて、非常に面白い。
特に主人公の軸が全くずれないところがある意味、スカッとする。
おすすめ。

②「屈折率」(佐々木 譲 著)
★★

読みやすく、すらすらと読めてしまう。
一方で恋愛の話と経営の話がごっちゃになってストーリーの芯
がぼけてしまってる。残念!

③「私という運命について」(白石一文 著)
★★★★


④「リヴィエラを撃て(上・下)」(高村薫 著)
★★★

重厚なストーリー展開。
世界の諜報機関を巻き込んだ話の展開は面白い。
文体は海外の小説を読んでいるようで読みづらいのが難点。

⑤「転落」(永嶋 恵美 著)
★★★★

各章ごとに主人公の視点が変わっていく。
じわじわとハマっていく人生。
話の展開・構成とも新鮮だったので★4つ。

⑥「頭のいい子が育つパパの習慣」(清水克彦 著)
★★★

「頭のいい子を育てる」というのはキャッチーだが、
頭の良しあしは単なる人の一側面でしかない。
こと子育てに関しては、もっと大切な側面があると
Tonyは思っているので、正直 この手のタイトルには若干
違和感を感じたが、本の中身自体は結構勉強になることも多かった。

勉強になった点

①仕事の話を食卓に持ち込もう(P24~)

②子どもに頑張れと言わない(P26~)
⇒頑張れとプレッシャーをかける前に挑戦してみることの楽しさを
教えてあげる。

③前進したことをほめよう(P28~)
⇒比較しない、プロセスを認めてあげる

④父子で将来の夢を語ろう(P35~)
⇒まずは親が夢を持つこと。その実現に向けて真摯に努力すること。
子どもは背中をみて」育つ。

⑤子どもの前で本を読もう、辞書を引こう(P38~)
⇒子どもの疑問点を図鑑や事典などから調べてみる。
子どもにも辞書を引くことを習慣づける。

⑥勉強は食卓でやらせよう(P54~)

⑦子どもに「どう思う?」と聞こう(P82~)

⑧「ノーテレビデー」をつくろう(P142~)
⇒テレビに依存しない生活。テレビは2h/日以内とする。
スポンサーサイト

trackback

- :

管理人の承認後に表示されます

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。