スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

US CPAへの挑戦!

20070102

昨年の12月に待ちに待ったUS CPA(米国公認会計士)の最終結果が届きました。

結果は・・・無事合格していました!

思い起こせば苦節2年半。
仕事との両立は厳しかったな~

■膨大な量のテキスト
■単位試験
■予備校の倒産
■本番のテスト
■そして結果発表

はたから見ると非常に地味な日々の連続でしたが、今は「やり抜いた感」で一杯です。

せっかくなので記憶が薄れる前に、僕のCPA受験プロセスを振り返ってみたいと思います(といっても、既に忘れ始めているのが怖い・・・)。

次回以降、順を追って書いていきます!
スポンサーサイト

コメント

合格おめでとうございます

はじめまして。

私は40代半ばからこの勉強を始め、2年後に
合格しました。
日本では、この試験を簿記2級か1級程度の
試験とよく言われていますが、そんな簡単な
ものではなかったとういのが、勉強をしたものの
気持ちです。仕事&家庭の両立・・・・本当に
大変でした。

そういう意味からも
TobyUSAさん
合格おめでとうございます!

今後のご活躍期待しております!

案山子さん

コメントありがとうございます。

40代半ばから挑戦されるバイタリティ。すごいですね!

私はUSCPAに先立ち簿記2級を取得しましたが、両者を比較すると、少なくとも要求される「勉強量」についてはUS CPAの方が断然 多かったと思います。

目標を日常に落とし込む事、それを継続して遂行する事、決して楽ではないですよね。

是非、また遊びに来て下さい!
非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。