スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末の読書~東野圭吾を読む

20070116

去年末の休暇で少し時間の余裕ができたので小説を読んだ。

読んだのはいずれも東野圭吾の作品。

彼の小説を今まで読んだことがなかった。

時間があったので連続で3作読んでしまった。

全体的な感想としては、面白いと思う。

クールな視点で書かれてるけど、構成自体は非常に緻密。

また「白夜行」や「分身」などは本の途中ぐらいで犯人や事件の背景が分かってきてしまうけど、そこから話をぐいぐいと展開させる力はさすがだなと思ってしまう。

今回、読んだ中で好きな順番を個人的につけると下記の通り。
1位 白夜行
2位 分身
3位 レイクサイド

「白夜行」(東野圭吾 著)
20070114153615.jpg


「分身」(東野圭吾 著)
20070114153723.jpg


「レイクサイド」(東野圭吾 著)
20070114153744.jpg

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。