スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ人との仕事~その2

20070201

僕の勤める会社にも日本からの駐在員は結構いるがその仕事内容は大きく異なる。

となりの部署は一日中、PCとにらめっこで現地スタッフとの交流も少なそう。

非常におとなしい。

その意味で僕の所属する部署は、結構バランスが良いと思う。

現地人とも緊密に仕事をするし、お客様とも頻繁に会う、そして日本との連携も非常に重要。

でも実際の仕事はそれなりに苦労する。

特に現地人と英語で議論をする時。

仕事の進め方などでよく衝突するけど、本気で議論したらなかなか分が悪い。

その為、言葉のハンデを乗り越えるためにも特に気をつけていること。

①深い業界/業務知識をもつ事
②Factをベースに話す事
③信頼関係を築く事

母国語で仕事をしていても本質的には同じこと。

でも「より ごまかしが利かない環境」であるが故に、これらはより強く意識するようになった。

例えば、②の項目。

どんなに修飾語を並べても事実にはかなわない。

筋道を立てて考える。

それを事実で裏付ける。

その為の準備を惜しまない。

この一連のループを怠けずやる様になった。

あとは、なんだかんだ言ってもベースとなるのは人間関係だと思う。

どんなに正論を言っても、信頼関係が無ければ相手の心に響かない。

それはアメリカ人でも同じだということだと経験上、感じている。

逆に確固たる信頼関係があれば、ちょっとした言葉のハンデは大局的には問題にならないと思える。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。