スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アメリカ人との仕事~顧客満足と残業

20070309

Tonyは現地人セールスとタッグを組んで仕事をしている。

彼らからの頼まれ事は基本的に「ASAP」。

「Tony、○○○を教えて!客が急いでるから今日中にお願い!」ってな感じ。

こんなことは日常茶飯事なので全く問題ない。

だけど・・・どうしても希望に添えない場合もある。

特に日本への確認が必要な案件は時差があるので即答は難しい。

Tony 「もしかしたら今日中は厳しいかも…。」

現地人 「え~なんとかならないかな? 客が待ってるから何とか今日中に頼むよ!」

Tony 「分かった。何とかしてみるよ」

********(日本との調整後)********

Tony 「今日中に何とかなりそうだよ! 7pm位になるけど大丈夫だよね?」

現地人 「…7pmか。う~ん、だったら明日でいいよ(急に減速)」

Tony 「えっ、、、何で? だって客が待ってるんでしょ?」

現地人 「(更に歯切れが悪くなる)いや、事情を説明して客には待ってもらうよ」


Tonyの職場だけかもしれないけど、「今日中 = 定時内の今日中」を意味する。

あれだけ雄弁に「客の声」を使って急がせる相棒が、定時をこえた瞬間に「帰宅モード」になる。

この変わり身に結構驚かされる。

顧客満足は重要。

だけど残業するほど重要ではない。

この手のギャップに赴任当初は結構戸惑った。

日本だったら・・・当然待つよなと思っても、ここはアメリカ。

この辺は適当にやり過ごす感覚も必要なのかもしれない。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。