スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

野生の証明

20070310

20070310135600.jpg

『野生の証明』(森村誠一 著)

「山村で起こった大量殺人事件の三日後、集落唯一の生存者の少女が発見された。少女は両親を目前で殺されたショックで“青い服を着た男の人”という以外の記憶を失っていた。多くの人命を奪った事件であったが、まったく手がかりは残されていなかった。しかし意外な所から、事件の糸口が見つかり…。人間の心奥に潜んだ野性を鋭く追求し、映画化され大反響を呼んだ傑作“証明”シリーズ。」
(Amazon.co.jpより)

森村誠一の小説をはじめて読んだ。

この小説は以前、映画化されたらしい。

話自体は面白かったけど、なんとなく時代を感じる小説だった。
(それもそのはず初版は1978年)

それと、、、ラストが少し強引の様な…。

でもアマゾンのレビューは☆5つだった。
スポンサーサイト

コメント

ご無沙汰しています

定時の話、とてもよく分かります。そういう意味では中国人は欧米的なんでしょうかねぇ。それとも日本人の感覚がずれているだけ??

さて、質問が。
よくブログ内で日本の本のレビューをされていますが、アメリカでアマゾン経由等で日本の本が手に入るのでしょうか?もしそうなら素晴らしいですね。よろしければ教えてください。

これからもブログ楽しみにさせて頂きます。

K.Tさんへ

コメントありがとうございます!

K.Tさんのブログを拝見していて、確かに結構アメリカ人とかぶる部分があったりしますね。
(この辺の国民性の話は面白いですよね)

さて、ご質問の件ですが、私の場合はラッキーなことに車のドライブ圏内に日系の書店があります。
ここで、週末に本を「(文字通り)買いだめ」にいきます。

お値段は、かなりのプレミアム価格(?)で売られています。
(文庫本で、ざっくり定価の1.5倍といったところです。それでも買ってしまうんですが…。)

日本のアマゾンにいけば海外への発送サービスがあるのですが送料がばかにならないのであまり使っていないですね。(北米だと送料 1200円/冊)

また遊びに来てくださいね。
非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。