スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不動心

20070316

20070315120557.jpg

『不動心』(松井秀喜 著)

NYヤンキースの松井選手が書いた本。

成功する人は、正しい思考習慣をもっている、とよくいわれる。

彼もその1人だと思った。

決して奇を衒った事は書いていないけど、大リーガーであっても悩み、失敗はするけど

そこから這い上がる姿勢、思考については多くを学べると思う。

以下、気になった箇所(抜粋)。

『「広く深い心」と「強く動じない心」-すなわち「不動心」を持った人間でありたいといつも思っています。もちろん僕も人並みに悩みます。苦しみます。失敗します。けれども、そこで挫けたり。逃げたりはしない。悩みや苦しみ、失敗や逆境をどう糧にしていくか。マイナスをどうプラスに変えていくか。いつもそんなことを考えています。』
(P11より)

『「過去」は決して悔やまぬように心掛けますが、「未来」は違います。未来に対しては、自分に厳しくありたいと考えています。過去はともかく、未来は自分でコントロールできるのですから。』
(P85より)

『「未来」に向けた一つの決意として、僕は素振りを欠かせませんでした。これは努力すればできることです。試合に勝った日も、ホームランを打った日も、大失敗した日も、ヒット1本打てなかった日も、必ず素振りをしてきました。(中略)素振りには思い出がたくさんあります。中学時代、試合に負けて家に帰りました。とても悔しくて、家族と話していたら泣いてしまいそうでした。涙を見られたくないので、自分の部屋にこもって、しばらく泣いていました。その時、思ったんです。「もう負けたくない」。ならば何をするか。考える必要はありません。練習をするしかありません。(中略)明日からではなく今からだ。いてもたってもいられず、部屋の中で泣きながらバットを振りました。(中略)悔しさは「過去」ではなく、「未来」へぶつけるのです。」
(P87~89より)

『アメリカには世界中に優れた選手たちが集まってきます。その中でも、大リーグにいるような選手たちは、ごく限られた人たちを除いては、素質や能力にそう大きな違いはないと思います。差が出てくるとしたら、自分になにが欠けているのかを正確に受け入れ、それをおぎなうための正しい思考をもっているかどうか。そして、おぎなう努力を継続していけるかどうか、だと思います。』
(p136より)
スポンサーサイト

trackback

本気で普通に凹む :「元」CPA受験勉強・現上海駐在員日記

{/hiyoko_cloud/}(上海地方)向井亜紀、最高裁で敗訴 – 子供である事に変わりは無い↑{/kirakira/}{/kirakira/}クリックすると清き一票が入ります!{/kirakira/}{/kirakira/}遠い春の日 さて、昨日の酔いと疲れが抜けやらないままベットから起き出す。今日もラウ

コメント

非公開コメント
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。