スポンサーサイト

------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009年を振り返る

20091213

少し早いけど、2009年を振り返ってみる。

個人的にも仕事的にも大きな変化があった年だったと思う。

古い順に追って書いていくと

①アメリカ⇒日本に帰国
今年の2月に6年弱に渡ったアメリカ駐在生活を終えてついに日本に帰国した。

最初は逆ホームシックにかかるかと思ったけど、結構順調に日本に適応しちゃった。

まあ、カリフォルニアの青い空と眩しい太陽は、時折懐かしくなるけど。

②仕事環境の大きな変化
詳細は割愛するけど、今年は仕事上は大きなターニングポイントだったと思う。

決してポジティブな経験ではないけど、逆境の中でいかに力を発揮するかを試されていると勝手に解釈して日々、精進が続いている。

③次のステップアップに向けた自己投資
日本での生活に慣れ始めた09年の春先ぐらいから徐々に次の自己投資に向けて動き出す。

ターゲットはビジネススクールへの進学。

前々からMBAには興味はあったけど、海外駐在中はとても物理的・時間的な制約が多すぎて断念したので、今回は本気で挑戦を考える。

何校か興味がある大学院の説明会に参加して最終的に、早稲田大学の夜間ビジネススクールに挑戦することを決めた。

11月初旬に願書提出。1次試験の筆記試験が11/21。そして2次試験の面接が1週間前の12/6。

今週の木曜日に、結果発表があり無事合格にこぎつけた。よかった・・。

本当の挑戦は、実際に勉強が始まる来年の4月からだけど、少し一息つけるかと。

それにしても、悪いこと良いことの両方が訪れた一年だったな。

まあ、共通して言えるのは少し精神的に成長できたことかな(都合よく解釈すれば)。

MBAの受験については少し自分自身の気持ちと考えを整理しておきたいので後日、詳しく書こうかな。

The Office - Season 1

20071017

20071017131436.jpg


「The Office - Season One」

Netflixで最近、見始めたDVD。

2005年にTV放映されたコメディドラマ。

日常、起こりうるオフィスの出来事をコミカルに描いている。

職場のリストラ、経費節減、異人種間コミュニケーションなど。

登場するキャラもかなり個性的。

浮いてる上司、オタク系従業員 等々。

話はかなり誇張され気味だが、アメリカで働く人であればどれも身近なトピックばかり。

結構、笑える。

英語の勉強にもなるね。

おすすめ。

Pumpkin Patch

20071014

s11-DSCF6006.jpg

ハロウィンの季節が今年もやってきた。

この時期になると町の所々でかぼちゃが売り出される。

今日は家から南に少しドライブしたところの農場でかぼちゃ祭りをやっていると聞き、行ってきた。

暑かったので少しばてちゃったけど、久しぶりに「祭り系」のイベントは楽しかった!

会場で食べたBBQサンドイッチ
s11-DSCF5977.jpg

走り抜けた3ヶ月

20070914

いや~長い間、このブログを放置してしまったな。

最後にブログを更新したのが6月16日。

丁度、バケーションでグランドサークルから帰ってきた時だ。

あれから3ヶ月。

何をやっていたかというと、ひ・た・す・ら仕事(悲しい…)

さて、時計の針を戻すこと3ヶ月。

グランドサークルからの休暇明けの初日、転機は突然やってきた。

それは1通のメールから始まった。

我々の装置が急遽、テキサス州のお客様に導入されることが決まったのだ。

このお客様は、K国に本社を置く会社。 世界のトップを突っ走る「超」優良企業。

そして、このお客様の要求は「超」厳しいことで有名。

さらに今回は、しかも納入までに残された時間が異様に短かった。

通常は遅くとも半年以上前から条件交渉をしていくが、今回は納入まで残された時間はたったの1ヶ月…。

呆然とするなか…上司からの一言、
「良かったな、今が伸びるチャンスだから頑張れ!」
(それはそうだけど…)


そこから、3ヶ月間 肉体的/精神的にぼろぼろになりながらよく走ったと思う。

沈んでいるときに先輩に言われた一言も忘れられない、
「暗い顔すんなよ。どうせなら、楽しくやろうぜ」
(そのとーり)


そして、無事 装置を納め、一段落した時にお客様から言われた一言、
「皆さんのサポートに99%満足している」
(100%じゃないのがまたリアルでいいね)

この一言はきいたな。 正直じーんときた。

仕事をしていて感動することはなんてなかなか無い。

でも感動する瞬間があるからこそ人は走ることができる。

3ヶ月間の苦労が一気に吹っ飛んだ気がした。

この3ヶ月で痛感したことを忘れないようにまとめておこう。
■自分の弱い部分を再確認(自身の実力を過信しない)
■修羅場をくぐると人は成長する
■かけた時間は必ず報われる

また、この3ヶ月で周囲で色々なことがあった。
■相棒のアメリカ人が転職 (がーん)
■息子が順調に成長 (よかった)
■K夫妻、M夫妻が帰国 (寂しい…)
*特にKさんは帰国前にわざわざ我が家に立ち寄って下さったみたい。
(Tonyは出張中でご挨拶できず。ごめんなさい。日本でのご活躍を期待していますね~)

そして、この3ヶ月間 Tonyを陰ながら支えてくれた家族にも感謝!

24

20070523

24-2.jpg


Netflixでドラマの「24」見始めた。

舞台はアメリカ。

テロ対策ユニットに所属する主人公ジャック・バウワーに真夜中に緊急招集がかかる。

アメリカ初となるアフリカ系アメリカ人の大統領候補が24時間以内に暗殺されるという情報が入る。

これを阻止すべくジャックは動き出す。

そこから始まる24時間の死闘の物語。

う~ん、面白い。

これもなんだかはまりそう。
プロフィール

Tony

Author:Tony
管理人: Tony
アメリカのとある都市で駐在員生活を送る30代のサラリーマン
仕事の事、アメリカ生活などをアップデート⇒09年2月に日本に帰国。現在、横浜に住んでます!

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

FC2カウンター
ブログ内検索
RSSフィード
リンク

Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。